軽トラキャンパーの外観の写真撮りました。

軽トラキャンパーの外観写真を撮りました。

改良を重ね今はこのような状態になっています。

軽トラキャンパー斜め前2015年9月
軽トラキャンパー斜め前2015年9月
軽トラキャンパー2015年9月
軽トラキャンパー2015年9月

屋根部分は長物など積めるようにトラックのシートにしました。
シートの下はアルミのレジャーシートを張っています。
以前と比べ遮熱効果が違います。

パネルはアルミの複合板を貼ってあります。丸鋸で簡単に切れて加工が楽です。

今はクラフト展に出展する為に荷物が入っているので中は後日記載します。

 

新作の作品製作中

9月19日(土)・20日(日)に行われる「浜名湖アート・クラフトフェア」に向けて新作の作品を製作しています。

軽トラキャンパーとクラフト展の什器をあらかた作り終えたのでやっと新作の作品作りに励んでいます。

今回はカッティングボード小さな置時計掛け時計両方の使い方が出来るお手頃価格の時計を製作しています。

キャンピングカーもどき?

今年2月にもらい事故で乗っていた車(キャラバン)が廃車になってしまいました。キャラバンかハイエースが欲しかったのですが、中古車でも価格が高いので諦めました。Wキャブのトラックも考えましたが、新車の軽トラを買って軽トラキャンパーを作って載せることにしました。

春のクラフト展の作品を荷物を積めるように四角い箱を作って様子をみました。
知り合いに単管パイプと角パイプを溶接をしてもらいジャッキアップ出来るようにして箱を簡単に積み下ろし出来るようにしました。
横風が強い日に高速道路を走りましたが、問題はありませんでした。遠距離のクラフト展に出展するときに途中で車中泊するので寝れるようにもしました。
いろいろ使っているうちに改良個所も発見できました。一番の問題は荷物を積めるスペースが狭った!

秋のクラフト展に出展するために運転席の上まで荷物を積めるよう改造しました。高さも少し高くしたので首を曲げなくて良くなった。窓を付けて後ろにドアも付けました。ドアは自分でアルミサッシのドアの高さを詰めました。

詳細は後日時間がある時に写真と一緒に記載します。

 

 

完成した時計の商品番号を決めてシールを貼る

完成した時計の商品番号を決めてシールを貼ります。

いままで製作した時計には個別に商品番号を付けています。
商品のサイズ、数字の入れ方、時計の形、電波時計により商品番号を決めています。

Wa30AU-25d  を例にしますと、

  1. サイズは直径約30㎝
  2. AUは数字の加工方法は象嵌
  3. 直径30㎝の時計を製作して25番目の時計
  4. dは電波時計

無垢の木で作っているので全て一点物になってしまいます。
木目が変わるだけで印象が変わります。
その為一点一点写真を撮って番号を付けています。

エクセルで時計の管理しています。
製作した日にち、販売した日にち、どこで販売したかなどわかります。
木の時計の商品番号管理IMG_0809_R1

時計の商品番号が決まったらシールを時計と箱に付けます。
時計に商品番号のシールを貼る

最後に箱に木の時計の写真を貼ります。

箱に写真が無いと時計を探すのが大変なので。

ムーブメントを付けたら木の針を取り付けます。

ムーブメントを付けたら木の針を取り付けます。

針はウォールナット材で作りました。
時計の金具をエポキシの接着剤で付けます。
いろいろ試しましたがこれが一番だと思います。

木の針
ウォールナット材で作った木の針
木の針を取り付けた時計
木の針を取り付けた時計

 

9月19日・20日 浜名湖アート・クラフトフェアに出展します。

第9回 浜名湖アート・クラフトフェアに出展します。

平成27年9月19日(土)・20日(日)
●時間   午前10時~午後4時
●会場   静岡県浜松市 浜名湖ガーデンパーク

木工房からん 出展場所  B-18
2年ぶりの参加 4回目です。
昨年は出展選考の審査で落ちてしまいました。

インフォメーション

 

 

 

完成した木の時計の本体にムーブメントを付けます。

10台の時計の本体が完成したのでこれからムーブメントを付けます。
通常使用のムーブメントはセイコープレシジョンのスイープタイプです。
いくつかのメーカーのムーブメントを試しましたが、セイコープレシジョンが今のところ一番だと思います。

振り子時計や時計の形状によってはスイープタイプのムーブメントが取付けできない物もあります。

木の時計のベース

IMG_0799_R1

IMG_0806_R1

木工房からん

ブログを開設しました。

初めましての方も、いつも木工房からんのネットショップをご覧いただいている方も、こんにちは。木工房からんの齋藤暢浩(サイトウノブヒロ)です。

岩手で木の時計雑貨を作っています。

子供の頃から日記、作文など文章を書くことが大の苦手で文章を書くことは得意ではありません。でも、木工房からんのネットショップに訪れていただいたお客様に読んでいただきたいと思っています。

ネットショップと違いブログですと、お客様とのつながり、コミュニケーションを取れると思っています。

これから商品のことや、クラフト展のことなどたまに更新していきます!

よろしくお願いいたします。